当前位置:  »  首页  »  机战  »  机器人泽伽佩因 完结动漫

机器人泽伽佩因简介

舞浜市に住む高校生のキョウは、自分が中学時代に起こした暴力事件が原因で廃部寸前となった水泳部を立て直そうと必死になっていた。そんなある日、ミステリアスな雰囲気のシズノ先輩と出会う。そしてキョウは彼女に呼ばれ、生徒会長のシマが司令を務める戦艦「オケアノス」へと召喚され、人型兵器「ゼーガペイン・アルティール」に乗り、「ガルズオルム」と呼ばれる敵と戦うこととなる。
キョウはリアルなロボットゲームだと思い気楽に戦っていたが、違和感に気づいたある日、ゲームと思っていた荒廃した世界こそが現実であり、自分が現実と思っていた世界は、量子コンピューターサーバー内で処理されている仮想空間であることを知る。そしてシズノから、自分たちは「幻体」と呼ばれるデータでしかないという衝撃の事実を告げられる。
その昔、ナーガという科学者が量子コンピューターを実用化した。やがて彼がCEOを務めるI.A.L社は軍事分野などにも手を伸ばし巨大コングロマリットへと成長。そして間もなく、致死率98%の「オルム・ウィルス」が世界中に蔓延した。人類は死を回避するため、世界各地に作られた量子サーバーの中で、人間の記憶や思考・人格・肉体の特徴などをデータ化した「幻体」となって生きることを余儀なくされた。思想や宗教上の理由で幻体化を拒んだ人も多くいたが、疑心暗鬼に陥った人々は世界各地で戦争を始め、世界人口はわずか1年で激減し、ついにサーバー内の幻体だけが残されたのだった。
しかし、それらはすべてナーガによって仕組まれたものだった。ナーガはかねてより時間の加速した量子サーバー内で人間を進化させる「無限進化」を提唱しており、それを実現するためにウィルスを使って人類を追い詰めたのだった。その後ナーガはガルズオルムを組織し、I.A.L.社のロボットを使い、環境実験空間「デフテラ領域」を世界中に作り始めた。だが、サーバーのコントロールから離れた存在となった者「セレブラント」達は対抗組織「セレブラム」を設立。彼らはシマが開発した「ゼーガペイン」を始めとする光装甲を纏った「ホロニックアーマー」に乗り、ガルズオルムと戦い続けていた。
また、キョウも以前からセレブラントの一員であり、恋人のシズノと共に戦っていた。しかし、先の戦闘で重症を負い、記憶を含めて初期化されていたのだった。自分達がデータでしかないことを改めて知ったキョウは激しく苦悩するが、命がけの戦いや、友人とのケンカ、仲間の死を体験するうちに、幻体であっても心があり、痛みも感じる自分たちは間違いなく「生きている」ことを実感する。そして幼馴染のカミナギを新たなパートナーとして迎えたキョウは決意を新たに戦いに身を投じると同時に、学園での青春を謳歌してゆく。
しかし、ガルズオルムはゼーガペインのデータを奪いアンチゼーガを開発。バックアップデータから何度でも蘇るガルズオルムの兵士・アビスとシンが乗るアンチゼーガ・コアトリクエの攻撃によって、カミナギが戦闘不能に陥いってしまう。そしてさらに残酷な事実を知ることとなる。それは、夏が終わる頃、量子サーバーが一度初期化されること。莫大な情報を処理できる量子コンピューターにも限界があり、8月31日の午後0時になれば4月5日に戻ってしまい、友人との仲直りも、水泳部の復興も、全てが無かったことになってしまうのだった。キョウは残されたデータによって奇跡的に回復したカミナギを拠り所として、再び実体のある人間に戻ることを目標に戦い続けることを決意する。そして最終決戦の時が近づいていた。
北極に僅か24時間弱で地球を覆い尽くしてしまう超巨大デフテラ領域「サバト」が出現。シマは月にあるガルズオルムの本拠地「ジフェイタス」への侵攻と、幻体を肉体のある人間として復活を可能にする「リザレクションシステム」の奪取を決断する。
戦いは熾烈を極め、オケアノスを月へと転送するため次々とセレブラム達が犠牲となっていく。オケアノスは月へと到達するが、パワーアップしたアンチゼーガ・マインディエが立ちはだかる。キョウ達はその戦いの最中、ガルズオルムの量子サーバーに取り込まれ、その中で量子サーバーと同化したナーガと対面する。ナーガはセレブラント達を仲間として受け入れようと提案してくるが、キョウは、人々の心の痛みを理解せず、あまつさえ不死の幻体となった自らを神と称するナーガの提案を拒絶した。
再びアビスとシンとの戦いが始まり追い詰められたその時、キョウ達は別のサーバーへと転送される。そこには「僧」と名乗るナーガの弟子が現れる。彼はナーガに心酔していたが、後にその考えに疑問を持つに至り、ガルズオルムに対抗するため、自らのクローンであるシマと、ゼーガペインを含む兵器技術をセレブラムに与えたのだった。ナーガと異なり今を必死に生きようとするキョウに、僧はパワーアップしたゼーガペインを授ける。
バックアップを破壊され、後が無くなったアビスとシンはナーガによって舞浜サーバーへと送り込まれ街を破壊し始めるが、キョウ達もナーガによってサーバー内に転送される。ナーガの目的はあくまで進化を観察することであり、アビス達とキョウ達を戦わせることによって更なる進化を促そうと目論んでいた。そしてナーガはシズノにガルズオルムに戻るよう語りかける。シズノの正体はナーガが創りだした人工幻体であった。しかし、それを知ってもキョウはシズノを仲間だと叫びシンを倒す。そしてキョウはリザレクションシステムによって悲願であった肉体を手に入れ、舞浜サーバーとリザレクションシステムのデータを入手。仲間達の手によってジフェイタスは壊滅し、残るアビスもキョウによって倒され、戦いは終わりを告げた。
戦いが終わったことで、舞浜サーバーに余裕ができたことで初期化の期間が1年へと伸び、同時に元に戻る肉体を持たないシズノを人間へと変える方法も発見された。一足先に肉体を得たキョウは、再びみんなと触れ合うために、リザレクションシステムの組立に精を出すのだった。
【STAFF】
企画プロデューサー:宮澤正徹、笹田直樹、鵜之澤伸、内田健二、川城和実
原作:矢立肇、伊東岳彦
監督:下田正美
シリーズ構成:関島眞頼
キャラクター原案・デザインディレクター:幡池裕行
キャラクターデザイン:山下明彦
メカニックデザイン:中原れい、神宮司訓之、福島秀機、やまだたかひろ
デザインワークス:柳瀬敬之
アニメーションディレクター:牧孝雄
総メカ作画監督:福島秀機
特技監督:わたなべぢゅんいち
色彩設計:柴田亜紀子
編集:野尻由紀子
音楽:大塚彩子
音響監督:明田川仁
キャスティングマネージャー:松岡超
プロデューサー:紅谷佳和 → 山川典夫、小掛慎太郎、古澤文邦
製作:テレビ東京、電通、SUNRISE
この他、第22話ではジッパーデザインを浅沼晋太郎、モンスターデザインをわたなべぢゅんいち、エンディングイラストを井上麻里奈と横田耕三が担当した。
【CAST】
十凍 京(ソゴル・キョウ)
声:浅沼晋太郎
守凪 了子(カミナギ・リョーコ)
声:花澤香菜
三崎 紫雫乃(ミサキ・シズノ) / イェル
声:川澄綾子
島(シマ)
声:坪井智浩
ミナト
声:井上麻里奈
マオ・ルーシェン
声:朴璐美
美雨(メイウー)
声:牧野由依
美炎(メイイェン)
声:渡辺明乃
クリス・アヴニール
声:家中宏
アーク・アヴニール
声:久川綾
クロシオ・ハヤト
声:大山鎬則
イリエ・アヤカ
声:小野涼子
イゾラ
声:村井かずさ
トガ・ヴィタール
声:櫻井孝宏
サラ
声:長沢美樹
メイヴェル・トランスフェイル
声:南央美
タオ・ユウ
声:山口太郎
インゼル
声:斧アツシ
イル
声:坪井智浩
オストロバ
声:佐藤利奈
トミガイ・ケイ
声:渡辺明乃
ハヤセ・トウヤ
声:神谷浩史
ウシオ・タケル
声:加藤将之
カワグチ・ケンタ
声:吉野裕行
タチバナ・ミズキ
声:ゆかな
イズミ・サワ
声:中尾衣里
クラシゲ・センイチ
声:松本保典
ミズサワ
声:佐藤利奈
十凍 未沙季(ソゴル・ミサキ)
声:遠藤綾
守凪 浩司(カミナギ・コウジ)
声:大津田裕美
京、未沙季の母
声:中尾衣里
レムレス
声:辻親八
タルボ
声:立木文彦
フォセッタ
声:岡田純子
リチェルカ
声:門脇舞以
ディータ
声:中尾衣里
ゼーガAI
声:MAI
アビス
声:加藤将之
シン
声:ゆかな
僧(そう)
声:千葉進歩
ネーヴェ
声:小林愛
ヴァボル
声:中田譲治
ナレーション
声:桐井大介

免责声明:本站所有视频均来自互联网收集,空间未储存任何视频数据。版权归原创者所有,如果侵犯了你的权益,请通知我们,我们会及时删除侵权内容,谢谢合作!HaoYu
Copyright @2012-2016 我爱动漫网

排名200W以上 权重2以上 (www5admnet@foxmail.com)